多焦点眼内レンズ|いとが眼科いとが眼科 境町の眼科医院

tel.0280-87-5558

〒306-0433茨城県猿島郡境町178-12

多焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ

水晶体の中に入れるレンズには2つの種類があります。

眼内レンズ白内障は、水晶体が白くにごってしまう病気です。この病気を治すためには、水晶体のにごってしまった部分を取り除き、その場所に代わりとなるレンズを入れる必要があります。
このレンズには、大きく分けて「単焦点」と「多焦点」の二つの種類があり、見え方がそれぞれ違います。
※眼の状態によって、レンズの種類を選べない場合があります。乱視などがある場合には、単焦点眼内レンズとなります。

 

単焦点眼内レンズ

ピントが合う距離が1つのレンズです。遠くにピントを合わると、近くは合わなくなるので眼鏡などを併用する必要があります。

単焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

ピントが合う距離が複数あるレンズです。遠くにも近くにもピントを合わせることができるので、眼鏡の使用頻度を減らすことができます。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズのメリット

ピントが合う距離を複数持つことができる。

通常の眼内レンズでは、焦点が合う距離は1つしかありません。このため、近距離にピントを合わせたら近視用眼鏡、遠距離にピントを合わせたら老眼鏡と、常に眼鏡を併用することになります。
しかし多焦点レンズでは複数の焦点を持つことができるので、眼鏡の使用頻度を減らすなど、生活をする上でのわずらわしさを解消することができます。

お寺めぐり(単焦点)

単焦点眼内レンズ

お寺めぐり(多焦点)

多焦点眼内レンズ

ドライブ(単焦点)

単焦点眼内レンズ

ドライブ(多焦点)

多焦点眼内レンズ

リビング(単焦点)

単焦点眼内レンズ

リビング(多焦点)

多焦点眼内レンズ

買い物(単焦点)

単焦点眼内レンズ

買い物(多焦点)

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズのデメリット

遠くも近くもピントを合わせることができる多焦点眼内レンズですが、デメリットも存在します。

ピントを合わせづらい
距離がある。

表から分かるように、遠くと近くはしっかりと見えても、50cm~1mという距離の範囲でピントが合わせづらくなっています。

グラフ1

夜間の景色が見づらい
ことがある。

単焦点と多焦点で比較した場合、多焦点眼内レンズではグレア(光をまぶしく感じること)やハロー(光の周りにぼやけた輪がみえること)が強くなります。

夜間の見え方

全体にもやっとした見え方となることがある。

昼間の明るいところでも、全体的にもやっとした、視界にワックスが掛かっているような見え方(ワクシービジョン)になる場合があります。

当院で取り扱う多焦点眼内レンズ(焦点深度拡張型)

当院では、シンフォニーという焦点深度拡張型の多焦点眼内レンズを取り扱っています。これには、下記の様な特徴があります。

遠距離~中間距離で
ピントを合わせやすい

50cm~1mという距離でもピントを合わせやすくなります。

グラフ1

グレア・ハローを
軽減する。

グレア・ハローの発生を抑えることができます。

夜間の見え方

【シンフォニーとテクニスマルチの違い】

当院で扱う多焦点眼内レンズは、「シンフォニー」と「テクニスマルチ」の2種類です。それぞれ見やすい距離や性質が違うので、患者様のライフスタイルに合わせて選択していただいています。

 シンフォニーテクニスマルチ
遠距離見やすい見やすい
中間距離見やすい見づらい
近距離やや見づらい
弱い老眼鏡併用の場合もある
見やすい
乱視乱視矯正用のレンズを使用乱視矯正用のレンズを使用
グレア・ハロー軽いでる

※他の眼疾患がある場合、多焦点レンズの適応がない場合もあります。
※多焦点眼内レンズは保険適用外となります。ご希望の方はご相談ください。

ページの上部へ戻る